人・組織に関するトータルレヴューと課題の明確化

島本パートナーズHOME
ペンリンインターナショナルとは
人・組織に関するトータルレヴューと課題の明確化

島本パートナーズは、顧客企業と当社コンサルタントとの議論、プロジェクト活動によって、顧客企業の経営戦略と経営者人材や組織上の課題について、コンサルティングを行い、事実に基づく仮説立案・検証により、企業価値の向上策を立案提案します。プロジェクト開始にあたってはクライアントと十分な打ち合わせを行い、検討対象となる人事組織上の課題を明らかにします。


人・組織に関するトータルレヴューと課題の明確化のアプローチ

アプローチ

顧客企業の皆様から、または島本パートナーズからのアプローチによって、幹部人材や組織についてのご相談をお受けします。

打ち合わせ

顧客企業の方々と打ち合わせを行い、プロジェクトの内容を決めます。 企業の方々の問題意識と島本パートナーズの知見や経験とを照らし合わせながら、課題解決へ向けての対象となる組織・人材についてのコンサルティングの方向性を検討します。

提案書提出

対象とする課題やコンサルティング内容や体制、スケジュールなどを提案書にまとめて提出します。

コンサルティングフェーズ

顧客企業の人材・組織の現状を様々な方法で改善すべき課題を把握します。

A) ヒアリング・ディスカッション ・企業のトップ・経営陣・人事担当者等

B) 360度評価

C) エグゼクティブ・アセスメント 改善策の検討 - 人材・組織の問題を掘り下げて、具体的な施策を検討します

【1】経営者人材の外部よりの招聘(エグゼクティブサーチの実施)

【2】現状の内部人材のレベルアップのための教育研修等の実施

【3】組織制度改革、社風、文化改革のための諸施策の実施