島本パートナーズHOME
ペンリンインターナショナルとは

弾劾裁判の公聴会

サンフランシスコに滞在中に、朝テレビをつけると、ワシントンで行われているトランプ大統領の弾劾裁判のための公聴会の様子が中継されていました。まず下院特別調査委員会のシフ委員長が10分程度、前日の振り返りをした後、証人を呼び出して審議が始まりました。委員長の発言も、民主党の質問も、共和党の応対も極めてロジカルに客観的な事実を淡々と述べて、外国人が聞いていても明確でした。口汚いヤジやののしり合いはなく、とても品位があると感じました。

 その意味では、アメリカの議会はきわめてまともであり、日本の国会中継の議論とはかなりの違いを感じました。日本の場合は、特に論点整理がうまくできていないように感じます。たとえば、「桜を見る会」の問題にしても、何が法律上、倫理上の構成要件で、それが違法かどうか、違法の疑いがあるならそのエビデンスがあるかないか。また、違法でないとしても政治倫理的に良いか悪いか、基準は歩かないか、招待者の決定手続きに問題がないか。そうやって、具体的に議論をするほうが建設的です。

 会社の会議でも、論点を絞り込めきれていない場合が散見されます。そもそも議論することを避ける風習が影響しているのではないかと思います。たとえば、私がかつていた銀行では、最終意思決定機関である経営会議でも、議論は行われていませんでした。担当役員が説明し、それに対して頭取が質問し、ときどき会長が大所高所からの質問をするだけ。それはおかしいと思っていても、誰も何も言いません。ときどき他の本部の専務が何か言おうものなら、なぜ他の本部のことに口出しするのかと評判が下がり、その方は一期で退任となり消えることもありました。相手を言い負かせば、恨まれてしまうから、それはやってはいけないことなのです。ですが、それは所詮「ムラの掟」にすぎません。集まった人がフランク、フラットに議論して、論点を整理して、賛否の決めるべきことを決めることが組織や社会が進歩するためには大切だと思います。

 


 

サンフランシスコでの雑感

サンフランシスコは、アメリカ人が引退したら住みたい町のナンバーワンだと聞きました。確かに、湾岸エリアに大きな邸宅を構えて、ゆったり生活するのはよさそうです。ところが、実際にそんなことができるのは一握りの大金持ちだけ。アメリカ経済は好況に沸いていますが、それがインフレを生み、とにかく物価が高いのです。セールスフォースの社員ですらアパートの値段が高すぎて、会社の近くには住めず、かなり遠い場所から通勤せざるをえないそうです。片側4~5車線もあるハイウェイでは、朝夕のラッシュがすさまじく、日本と違って鉄道もないので、通勤はさぞかし不便だろうと思います。

 分配の不平等も目立ちました。街中に物乞いやホームレスがいて、夜は治安が良くありません。あれほどきれいな街でさえも、都市の表と裏が同居しているのです。アメリカは分断され、それが拡大している。社会や経済の矛盾を実感しました。

 ちなみに、アメリカ滞在中には、湾岸エリアの浄土真宗のお寺を見て回りました。シリコンバレーという土地柄もあり、現地のお寺はどれも立派です。広大な敷地に、大きな本堂があり、なぜか必ず体育館がついています。

 お寺に体育館という組み合わせは不思議な感じもしましたが、聞いてみると、歴史的な背景がありました。戦前から戦後にかけて、日系人は差別されていました。そのため、子どもたちは放課後、学校の体育館で遊ぶことができませんでした。そこでお寺に居場所をつくったというわけです。

 そのように地域にしっかりと根差した活動をしてきているので、今でも日曜になると、日系3世や4世の信者が集まります。お経を読み、英語で法話を聞いた後、食堂や体育館で一緒にご飯を食べたり、コミュニティ活動に参加するのです。葬儀や法要など門徒との接点が限られている日本のお寺とは、ずいぶん違うなと感じました。

 

 

 

 

 

マーク・ベニオフ氏の思想

 世界中の関係者を招いてお祭り騒ぎをする、ドリームフォースのように派手なイベントをなぜやるのか。不思議なことをやっている会社だと、心のどこかでひっかかっていました。だから、実際に参加してみて、ベニオフ氏のキーノート・スピーチを聞こうと思ったのです。そして、ベニオフ氏の話全般から感じられたのは、社会貢献に対する価値観や思想を企業行動に根付かせようという明確な意志でした。

 サンフランシスコ滞在中、セールスフォース・タワーの最上階のラウンジを案内してもらう機会もありました。上級執行役員の日本人女性が応対してくれたのですが、彼女の職務は、セールスフォースを導入しているクライアントに社会貢献活動を勧めて実践してもらうことだと述べていました。完全にコストセンターだと思うのですが、それを全世界で全社レベルでやっているのですから、本当に驚きです。

 日本でも一時期、経団連がフィランソロフィー・クラブといって、企業利益の1%を寄付しようといった運動が行われましたが、バブルの崩壊とともに雲散霧消していきました。一方、セールスフォースの取り組みを見ていると、みんながやっているから、恰好だけやるのとは全く違います。最初から世の中に貢献する活動をやりたいから、企業活動を行って利益を出している。それを本気で実現しようとしていることが伝わってきました。

 最近、ESG(環境・社会・企業統治)投資が注目されています。セールスフォースの株価がどうなっているかわかりませんが、これだけ徹底していれば、必ず企業評価に反映され、投資家の目も向くはずです。次世代の企業経営は、「一般消費者が社会や環境に配慮した活動をしているところから、物を買おう使おう」となっていくことを織り込んで、経営戦略を実行せざるを得ません。そういう先まで見通してトータルで儲かるところまで織り込んで、活動していることがよくわかりました。

 

 

 

ドリームフォース

 昨年の11月に1週間ほどサンフランシスコに行ってきました。目的は、セールスフォースの「ドリームフォース」というカンファレンスに出席するためです。

 これは単なるカンファレンスを超えている、というのが参加してみた実感です。規模からして、今年の参加者は17万人だとか。期間中、サンフランシスコの街は、どこにいっても、ドリームフォースのバッチをつけた人であふれていました。もちろん、ホテルは満杯で、宿代は普段の5倍に。私がエントリー手続きをしたのがカンファレンスの4カ月前でしたが、その時点ではホテルの予約が取れず、私がメンバーのオックスフォード&ケンブリッジの提携クラブに通常の3倍の値段で何とか部屋を確保しました。

 セールスフォースを創業したマーク・ベニオフ氏のキーノート・スピーチの日には、朝早くから並びました。金属探知機と手荷物検査の行列中を通り抜け、何千人も入る大きなホールに何とかたどり着きました。そこで驚いたのは、企業活動や商品の説明、顧客や有識者を招いたビジネストークだけで終わらず、最後にシンガーソングライターのアリシア・キーズが登場し、その後はコンサート会場に様変わりしたことです。ベニオフ氏のスピーチなどはネットでストリーミング配信されていたそうですが、さすがにアリシアのコンサートは会場限定で、ネット画面は真っ黒になったと聞きます。いずれせよ、非常に面白い経験をしてきました。

 カンファレンスでは、大勢の人の話を聞きましたが、みんなプレゼンテーションが素晴らしく上手です。おそらく陰では何十回も練習していると思いますが、日本企業の代表者のうち何人が、こうした舞台に立って20~30分新商品をお披露目し、拍手喝采を浴びるパフォーマンスができるだろうかと思ってしまいました。固い感じで、抑揚なく真面目に話すだけでは、「ぜひ買いたい、使いたい」と思うような説明にはなりません。こうした部分は日本はとても遅れているので、私たちはもっと学ばないといけないようです。

 

 

 

 

 

お寺でCRMや企業とのコラボレーション

 築地本願寺では、お寺の会員情報を適切に管理するために、セールスフォースのCRM(カスタマー・リレーションシップ・マネジメント)ソフトを導入しています。築地本願寺など大きなお寺では、人の入れ替わりも激しいため、同じ住職がずっと同じ檀家さんと付き合う形にはなかなかできません。そのため、私が築地本願寺の宗務長に就任する前から、ITシステムを導入して内部の業務を効率化しつつ、銀座サロンやカフェなどでお寺に足を運んでもらう理由をつくり、築地本願寺倶楽部会員を10万人くらい集めて、そのうち2万人に熱心なクライアントになってもらいたいという構想を持っていました。

 セールスフォースは、Salesforce.orgという子会社があり、世界中のNPOにセールスフォースを普及させるとともに、セールスフォースを利用するクライアントを巻き込んでボランティア活動や社会貢献活動を促す活動にも真剣に取り組んでいます。NPO向けに安価にシステムを提供し、ユーザーIDの何口か無料で提供してくれたりするので、大変助かります。このため、他の寺院でも導入しているところが多いと聞きます。

 さらに、セールスフォースの社員は1%の時間を社会貢献活動に割くことがルールとなっているため、朝、築地本願寺の仏具のお磨きをし、法要に出てから出社するというボランティア・プロジェクトも行っています。昨年も「仏具のお磨きボランティア」を行ってもらいました。お寺の裏側に来る機会はあまりないので、みんな興味津々の様子で、10~20人くらいの社員が参加してくれました。もともとお磨きはご門徒様のボランティアにお願いしていたのですが、企業向けに日時を決めて実施するのは、セールスフォースが初めてでした。しかし最近、企業も社会貢献が求められるようになっています。セールスフォースのような企業が増えれば、寺で何か活動することが企業のイメージアップになり、お寺も助かります。今後は、先進的な企業に声をかけてみることで、新たな活動の輪が広がるのかもしれません。