島本パートナーズHOME
ペンリンインターナショナルとは

高校時代に読み漁った本

 今から振り返ってみると、高校時代に読んだり、聞いたり、考えたことがその後の人生にかなり影響を与えていることに気づかされます。

 私にとって一番大きかったのが、人の心理、精神医学に興味を持ったことです。最初に読んだ入門書は、岩波新書から出版されていた心理学者の宮城音弥さんの本。その後、ユング心理学者の河合隼雄さん、ユング自身が書いた本へと読み進め、心理学にかなり深入りしました。その影響で文系だったのに志望を変えて、国立大学医学部を受験しましたが、結果は2浪。それでも受からず、最終的に慶応大学経済学部で学ぶことになりました。 

 当時は、1970年に創刊された文芸春秋社の雑誌「諸君」もよく読んでいました。今はもう休刊となったオピニオン雑誌ですが、作家の三島由紀夫の父親が「倅、三島由紀夫」と題した連載を書いたり(三島由紀夫の自決後の一年後に心境をつづったものです)、上智大学の渡辺昇一先生が面白い論文を書いて論壇にデビュー。また、新聞記者出身の森本哲郎さんが書いたものもよく読んでいました。同時期にベストセラーになったのが山本七平著『日本人とユダヤ人』。当時の論壇は岩波書店の「世界」を中心にした進歩系の論調に対して、新自由主義や保守派と呼ばれる人たちが旬で、それらをむさぼるように読みました。その影響は大きかったらしく、今でもその残滓が抜けていない気がします。 

 英文読解の授業では、先生があちこちから切り貼りして編集したタイプ刷りの英文のエッセイ集を読まされました。随分良いことを言っているなと思ったのが、社会心理学者のエーリッヒ・フロムや、マーティン・ルーサー・キング牧師。ベンジャミン・フランクリン、マーク・トウェイン、バートランド・ラッセル、ラルフ・ワルド・エマソン、ウィリアム・ジェイムズなど。切り抜きを読んで内容に興味を持った作家の作品は、自分で翻訳本を買って読みました。原文ではなく翻訳だったところに英語力の不足さを感じますが、そうした授業がいろいろな作家の作品に触れるきっかけとなり、自分の世界が広がっていきました。

 

 

 

 

Posted in: ヘッドハンターの独り言