島本パートナーズHOME
ペンリンインターナショナルとは

宗教は究極の物語

イスラエル人の歴史学者のユヴァル・ノア・ハラリさんの『サピエンス全史』などの本は、インテリに影響を与えていると評判です。彼の本に触発されて、私が今、興味を持っているのは「物語」です。

 人間は事実や数字、方程式ではなく、物語の形で物事を考える。物語を作り出したから、人間は生物の覇者になれたと、ハラリさんは考えています。たとえば、身体が大きく、脳も大きかったネアンデルタールが滅びて、ホモサピエンスが生き残ったのは、前者が個人単位で動いていたのに対して、後者は連帯することができたから。なぜ連帯できたかというと、言葉や物語を共有して、共通の価値を持てたからだそうです。そうして連帯できたためにチームを組んで自分たちより力の強いライバルたちを攻略してゆくことができたのです。

 その点でいうと、宗教は究極の物語であり、事実認識の世界の対局にあります。人間はなぜ生まれて、なぜ死ぬのかというのは、親鸞聖人を悩ませた人生最大の課題でした。それに対して、親鸞聖人は「阿弥陀如来がすべて救ってくださる」という物語を経典解釈から導き出し、それを信じる教団ができたわけです。

 物語は科学的には論証しようがありません。阿弥陀仏がいるという論証も、救ってくださることへの論証もないので、宗教は科学的事実ではありません。ですが、その神話を自分の生き方の中核に据えることで、人生観、死生観が安定し、生きることへの不安が減り、前向きに生きる気持ちになります。この先、どうなるかがわからないのではなく、この物語の上に乗っかって生きる。不確かなものではなく、確固たる物語を据えることで、自分の人生が豊かなものになってゆく。そこに宗教の役割があるのだと思います。

 

 

 

Posted in: ヘッドハンターの独り言