島本パートナーズHOME
ペンリンインターナショナルとは

ドリームフォース

 昨年の11月に1週間ほどサンフランシスコに行ってきました。目的は、セールスフォースの「ドリームフォース」というカンファレンスに出席するためです。

 これは単なるカンファレンスを超えている、というのが参加してみた実感です。規模からして、今年の参加者は17万人だとか。期間中、サンフランシスコの街は、どこにいっても、ドリームフォースのバッチをつけた人であふれていました。もちろん、ホテルは満杯で、宿代は普段の5倍に。私がエントリー手続きをしたのがカンファレンスの4カ月前でしたが、その時点ではホテルの予約が取れず、私がメンバーのオックスフォード&ケンブリッジの提携クラブに通常の3倍の値段で何とか部屋を確保しました。

 セールスフォースを創業したマーク・ベニオフ氏のキーノート・スピーチの日には、朝早くから並びました。金属探知機と手荷物検査の行列中を通り抜け、何千人も入る大きなホールに何とかたどり着きました。そこで驚いたのは、企業活動や商品の説明、顧客や有識者を招いたビジネストークだけで終わらず、最後にシンガーソングライターのアリシア・キーズが登場し、その後はコンサート会場に様変わりしたことです。ベニオフ氏のスピーチなどはネットでストリーミング配信されていたそうですが、さすがにアリシアのコンサートは会場限定で、ネット画面は真っ黒になったと聞きます。いずれせよ、非常に面白い経験をしてきました。

 カンファレンスでは、大勢の人の話を聞きましたが、みんなプレゼンテーションが素晴らしく上手です。おそらく陰では何十回も練習していると思いますが、日本企業の代表者のうち何人が、こうした舞台に立って20~30分新商品をお披露目し、拍手喝采を浴びるパフォーマンスができるだろうかと思ってしまいました。固い感じで、抑揚なく真面目に話すだけでは、「ぜひ買いたい、使いたい」と思うような説明にはなりません。こうした部分は日本はとても遅れているので、私たちはもっと学ばないといけないようです。

 

 

 

 

 

Posted in: ヘッドハンターの独り言