島本パートナーズHOME
ペンリンインターナショナルとは

魂が宿るものは売れない

 日本では企業のM&Aがなかなかうまくできない理由として、社会思想が関係していると思います。

  たとえば、日本企業は資産を入れ替えるのが苦手です。既存の分野で儲かっている、あるいは儲かりそうなところに、もっと投資をして成長させて、たとえ今は利益が出ていても今後の成長を見込めないところは売るということが、なかなかできません。利益が出ていれば、なぜ売るのかという考え方をしてしまうのですが、そもそも利益が出てなければ二束三文でしか売れないのです。

  この背景には、日本企業では事業は利益を生み出す機能というよりも、魂が宿っている不可分なものだという捉え方がされていることがあると思います。人を切る話も同様で、組織の中で人は利益を得る機能ではなく、「人間」として雇っているので、人を切るなどもってのほかと考えるのです。一方、欧米企業は事業も人も単なるバランスシートの1資産であり、効率性を考えれば、機能を入れ替えるだけで何ら問題はないわけです。

  日本企業にはそもそも、企業組織の中でそういう宗教的な考え方が埋め込まれているので、それを乗り越える理屈を明確に示して、提案してあげない限り、事業売却は人間の肉体を切り刻んで売るのと同じだという受け止め方になり、そこで働く人たちは不安になります。しかし、企業も今後は生き残りをかけて、効率性や生産性を高める必要があります。従業員もステークホルダーとはいえ、会社の所有者ではなく、株主利益ももっと尊重しなくてはいけません。あらゆるものに魂の宿るという1種の自然崇拝的な信仰から抜け出し、現実を提示して言い切る能力が不可欠だと思います。

 

 


 

Posted in: ヘッドハンターの独り言