島本パートナーズHOME
ペンリンインターナショナルとは

独立自尊はどこにいったのか

先日、慶應大学商学部のOBの実業家や起業家が講師となって授業をする「21世紀の実学」という講座に呼ばれ、日吉の大学2年の学生に話をしてきました。講義が終わると、驚いたことに質問者がずらりと列をなし、次の授業に食い込みそうになったので引き続き教員控室で人生相談にのることとなりました。

 何が学生の心に響いたのだろうかと思って感想文を見たのですが、まず、失敗談が新鮮だったとありました。ほかの登壇者は通常、「こんなことをやって成功した」という話をしますが、私の場合、国立大医学部受験で二浪してやむなく経済学部に入学した話などをしたので、同じような経験を持つ学生は共感してくれたのでしょう。なかには、受験時の挫折感を今でも引きずり、自分の中で整理がつかないと悩みを抱えている学生もいました。

 社会に出るとわかることですが、もはや東大慶應卒だからといって尊重される時代ではないし、一流大学を出ても会社で成功するとは限りません。受験のときの偏差値の差など、たいしたことありません。駄目だったことはすっぱり諦めて、次の道を探す。そういう割り切りを持つことが大切です

 もう1つ学生が反応したのが、「承認欲求を捨てよう」というメッセージでした。親や先生、周りの人たちから認められたいから、応えようと頑張るのではなく、誰がどう思ってもいいではないか。褒められることを動機として行動するのは、やめようと言ったところ、「そんなことをしてもいいのか」という驚きの声が多かったのです。

 慶應大学は、誰が何と言おうと自分の主張を貫く「独立自尊」をモットーとしてきたはずですが、今は誰もそんなことを教えないのでしょう。独立自尊は社会や会社にとって望ましくないと、暗黙のうちに思っているだけで、実態は案外違うのではないかと思ったりもします。認められなくても、これが正しいと思う価値観や倫理観が自分の中にあれば、それに忠実に生きればいい。そういう生き方をしても構わないと、若者も中高年も思うようになれば、だいぶ世の中が変わるのではないかと思います。

 

 

 

 

Posted in: ヘッドハンターの独り言